薄毛対策ラボラトリー

男女の薄毛対策

女性の薄毛をケア。

www.thinhair-fm.com
医薬品を用いない薄毛対策だから安心・安全!何をやってもダメだったら諦める前に、このサイトを一度見てください!

日本人で薄毛に悩む人の人口は4200万人いると言われています。何と全人口の3割近くの人が悩んでいる計算になります。これはもう「国民病」と言ってもよいくらいの数値であり、このうち女性は1700万人いるということです。

世界的な薄毛治療は日々発達しており、画期的なAGA(男性型脱毛症)治療薬としてフィナステリドが認可されています。製品名プロペシアで知られるこの薬は男性ホルモンの過剰分泌による脱毛症の症状がある男性患者に対して有効であるという報告があり、日本でも治療院や通販などで購入することができます。

その効果もさることながら、論理的裏付けも確立している厚生労働省認可の薬剤です。これと併用することでさらに発毛効果があがると言われている、血流を上げる効果のあるミノキシジルも注目されている薬剤です。

こちらは一般市販薬として発毛剤に配合されドラッグストアなどで簡単に手に入る事から利用者が多い薬剤です。フィナステリドとの併用、または単体でも発毛効果が確認されています。

フィナステリドはいわば「抜け毛を防ぐ」薬効ですがこちらは男性ホルモンと深い関わりがあり、女性に対しての効果は認められておらず、男性専用となっています。ミノキシジルはホルモンに関係性を持たず、女性でも効果があるので、ミノキシジル配合製品の発毛剤などは女性専用のものも発売されています。

上記のような確実な調査ではないものの、婦人科系の疾患に効果があると言われている、動物のメスの胎盤を原料とした健康食品「プラセンタ」などは、更年期のホルモンバランス異常が原因である疾患に有効と言われていますが、消費者の中にはこのプラセンタの服用で「抜け毛が軽減した」という声も少なからず聞かれます。

女性の薄毛は男性ほどには進行しないものの、やはり見た目に重きを置くことに関して女性は男性よりも上であり、女性に対しての薄毛治療薬の早期発見は世界的にも期待されています。

© 2014 薄毛対策ラボラトリー All Rights Reserved.